郊外も視野に入れよう|地域に合わせた新築一戸建てならいつまでも快適な暮らしができる

地域に合わせた新築一戸建てならいつまでも快適な暮らしができる

郊外も視野に入れよう

つみき

宅地造成の進行

高松市内の宅地造成は急ピッチで進み、ここ数十年で多くの田畑が住宅用地になりました。高松市の沿岸部から徐々に進み、最近では一宮エリアや仏生山、国分寺などでも急速に土壌改良および宅地造成が進んでいます。高松市中心部では、大規模なマンション建設もひっきりなしに行われており、不動産業界の熾烈な攻防が続いています。現在、高松市で人気のエリアなのが、太田・三条エリアです。レインボー通り沿いは、大型量販店が多く立ち並び、街並みも新しいことから、若い世代を中心に人気を集めています。このエリアにはマンションが多く立ち並びますが、もちろん戸建ても増えています。子育て世代にとって便利な環境が整っているので、住みやすい街といえるでしょう。

価格を抑えるために

ただし前述の太田・三条エリアは、市内中心部からアクセスが非常に良いことから、比較的地価が高くなっています。賃貸価格も、他エリアと比べて多少割高であるといえるでしょう。戸建てを考えるなら、もう少し郊外のエリアも視野に入れると、若干費用を抑えることができます。東部の春日・川添エリアは、国道30号線沿いに大型量販店が多数立ち並んでおり、宅地造成も進んでいます。新しい住宅地が立ち並んでいるので、戸建てを考えている人にはおすすめです。更に南下した十河エリアも、中心部と比べると地価は安めです。高松市内は車をメインの移動手段とする人が多いため、戸建てを考えるなら、多少郊外であっても不便となることは少ないでしょう。